現代人の朝を変えるパジャマ
 The pajamas will change the morning of the people.




私たちは寝ている時の方が、よく動いているかもしれない。



人は、一晩に約30回もの寝返りを繰り返していると言われています。

自覚はありませんが就寝時の体は日常とは異なった状況下で大きく動いているのです。

そんなアクティブな睡眠の為に、現代人の朝を変える

まったく新しいパジャマを開発しました。








現代人の朝を変えるパジャマ
 The pajamas will change the morning of the people.



睡眠とは、意識を喪失した状態であり、

外部からの刺激で簡単に目覚める状態のことを言います。


例えば、ジーンズを履いたまま寝てしまったという経験はありません。


そんな次の朝は気持ちよく目覚められなかったはずです。

動きにくく、熱がこもりやすいデニムは本来やわらかく敏感な人の肌には「馴染み」ません。


馴染まないものを身に着けていると、体は常に小さな刺激を受け、少しずつストレスを感じ続けます。

カラダに触れる衣類が原因で覚醒してしまうことは滅多にありませんが、

寝ている間、その刺激を絶え間なく受け続けるため

朝を迎える時には体に大きな負担を残してしまいます。


人が眠っている時の動きに着目し、

心地よい睡眠を実現するそれが"kinel"のパジャマです。








安眠を叶える3つのポイント



  • 一般的なパジャマ


    裾があがってしまいます
    腕の可動域が制限されています。

  • kinelのパジャマ


    裾のあがりが少なく
    ストレスなく腕が自由に動かせます。





シルクツイル


高級感のある光沢と、滑らかな肌触りが特徴のシルク。

シルクが、昔からパジャマとして好まれているのは、その「滑りの良さ」と「優れ機能性が」がある為です。

生地の滑りの良さは睡眠にはとても重要で、眠っている時の動きの妨げを減らします。

そして、人は寝ている時にたくさんの汗をかきます。

綿の約1.5倍といわれているシルクの吸湿・放湿性のおかげで汗を素早く吸い取り、快適な状態に保つので、

天然繊維の中でも特にパジャマに最適な繊維と言えます。







綿サテン


通常の面と比べ、短い繊維を取り除き、糸むらが少なく、強度があります。

光に当てると上品な光沢があり、滑らかな手触りです。

通気性も良く、汗をよく吸い取ります。

天然繊維の中でも、とても丈夫で、洗濯を繰り返しても素材が痛みにくく、長くご使用いただけます。

上品な糸を使用し、高級感のある素材です。






【販売店舗】
LACHIC ほほほ
TEL:052-259-6552
名古屋市中区栄3丁目6-1 LACHIC 6F